痛風と漢方

漢方では、痛風を「歴節」と称します。これは尿酸の代謝異常による関節の病変であり、突然関節に激痛がおこり、関節が赤く腫れて同時に寒気がして発熱することがあります。基本的には、利尿と鎮痙・鎮痛の方剤を使用します。急性症状がない場合は、減量、利尿により体質改善をすすめて、尿酸値をコントロールします。



痛風

漢方相談へ

医薬品のご購入について